花火大会に必要な物とあった方がいいものをまとめました

花火大会

夏の風物詩花火ですが意外と持ち物に困っている人が多いです

花火大会に行くけど必要な物はなんだろうという人のためにあると良いものをまとめました

私が普段花火大会に持って行っている物をまとめました

基本的な持ち物

Suica・切符など

電車やバスなどを利用して会場に行く場合は必ず先に購入しないといけません

グループで行くときやデートで行くときも1人改札でハマってしまうと非常に悲しい気分になると同時に気まずいです

必ず出発前に帰りの分も購入してくのが得策です

小銭

屋台を利用する場合500円単位の小銭が結構必要となってきます

普段より多めに500円を持っていけば安心です

飲み物

真夏の花火大会の場合会場が異様に暑い場合があります

その時のために水分を余計に持って行った方がよいです

凍らせた水+好きな飲み物を持っていくと良いです

ビニール袋

屋台などで袋をもらえない事も多々あるので大きめのごみ用の袋を持参すると良いです

会場にそのままごみを放置する人がいますがデートなどでは幻滅されますし、

お子さんが居る場合は教育上よろしくないので持っていきましょう

折り畳みクッション

意外と忘れがちなのが折りたたみクッションです


2つの効果があります

1つ目は 炎天下で温められたアスファルトに座る場合など暑くて仕方ないので断熱の役割があります

2つ目は 長時間座るためお尻が痛くなってしまわないようにするためです

芝生を狙って行ったものの場所がいっぱいで仕方なくという事もあると思います

最近は100均でも取り扱いがあるので持っていくことをお勧めします

レジャーシート

持っていると座ることができます

また雨が降っている場合荷物を置いて半分に折れば簡易的な荷物置き場にもできます

ゲリラ豪雨で雨具が無い場合は被れば雨具としても使用できます


モバイルバッテリー

大混雑している会場だと電波を探すのに結構バッテリー消費が増えます

またカメラや暇つぶしに結構使用してしまうのでバッテリーが切れやすい条件が整っています

いざという時、連絡が取れないのでモバイルバッテリーは持っていくことをお勧めします


懐中電灯

夜の会場は足元が暗い場合が多いです

川岸や砂浜など足がとられやすい場所では足元が見えると安心ですし

忘れ物を確認することもできます

座っているときにスマホや財布を落としたのに気が付かず

帰宅するという悲しい出来事が起こらないようにするためでもあります

私も使用していますが直線的な光より広げられるタイプがおすすめです


タオル

汗拭きはもちろん色々な用途に使用できます

凍った飲み物を長時間冷たいまま持っていくにも役に立ちます

虫よけスプレー、かゆみどめ

真夏の場合は必需品です

花火を見ながら耳元の蚊を気にすることになると集中できませんし、

気分がよろしくないので持って行った方が良いです

また蚊にさされて痒いのも意外と気になるのでかゆみ止めも併せて持っていきたいです


日焼け止め

明るいうちはおまつりを楽しんで夜花火という人も多いと思います

夕方からでも意外と日焼けするので持って行った方が良いです


制汗シート

炎天下の中フラフラすると汗が凄いことになるので持っていると

汗のべたべた感やにおいがきにならなくなります

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マンダム ハッピーデオ ボディシート(36枚)×1個
価格:375円(税込、送料別) (2019/8/8時点)


ウェットティッシュ

屋台の買い物をするとソースなどで手を汚してしまうことがあります

そのためウェットティッシュが必要です

水をテッシュにつけて簡単なウェットティッシュとして代用する方法もあります

ウェットティッシュにもアルコール型と水型の2種類があります

ちょっと重い水型の方が重宝するとおもいます


扇子・うちわ・ミニ扇風機など

浴衣で雰囲気を大切にするなら扇子です

お祭り気分を味わいたいなら大会で配布されているうちわ

暑さ対策優先ならミニ扇風機

個人的には暑いのが嫌なのでミニ扇風機と霧吹きを使用します

制汗シートの後の風は格別です


テーピング

下駄やサンダルなどで靴ずれが起きてしまう場合に使用します

絆創膏を貼っただけではすぐにはがれてしまうので剥がれ防止にも役立ちます

足をひねった時にも使用できます

絆創膏

キズパワーパッドを推しているサイトが結構ありますが、

私は通常のものをお勧めします

理由としては十分な消毒が出来ないからです

キズパワーパッドは貼ったら治るまで剥がさないのが原則ですが、

十分な消毒をしないと逆効果になります

そんなことから普通の絆創膏とテーピング用テープで十分です

雨が降りそうなとき

防寒着

近くでゲリラ豪雨が発生している場合ひんやりとした風が吹いてくることがたたあります

そのため冷え防止もかねてうすい防寒着があると安心です

汗冷えなども防ぐことが出来るのでポケットに入るサイズの薄手の羽織るものがあるといいです

レインコート

夏場は大気が不安定な場合も多くいつ雨が降るかわからない時には持っていた方がよいです

混雑する会場内で傘をさすのは非常に困難ですし危ないです

ポンチョタイプなら荷物も濡らさず何とか移動できるので備えておきたい物です


折りたたみ傘

私はあまり好きではないですが一応あれば使えます

金具が目に刺さりそうで非常に危ないので使いたくないですし使ってほしくもないです

自宅への帰路用として持っていくのはアリです

折りたたみ椅子

小雨がちらついているけど打ち上げをするという時はレジャーシートより椅子の方が良いです

折りたたみの椅子だとリュックにも入りますし、帰宅後干す手間もほぼありません

踏み台ですが普通に椅子として使用しています


持っていれば安心

花火大会のパンフレット

何がどういう順番で上がるかを理解しておくと役に立つ場合があります

会場から離れていると何が起きてるのかよくわからないことが多々あるのであって便利です

携帯FMラジオ

地元のFM局がラジオで会場の様子を解説してくれることも最近はよくあります

ラジオが流れるのであれば持っていくとより一層花火を楽しむことが出来ます

私が使用しているラジオですが

軽量でコンパクトなので放送がある場合は持って行っていくと状況がよくわかります

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーム電機 ラジオ RAD-P088S-K [ブラック]
価格:2547円(税込、送料無料) (2019/8/8時点)


携帯シミ抜き

浴衣などに食べ物などを落としてしまったときに使用できます

持ってなくても良いですがなぜか持っていると役に立つことがあるので

出来る系をめざすなら持っていて損はありません


軽食

小腹が空いたときなどにカロリーメイトやお菓子などを持っていると良いです

酒盛りをしている人には関係ない話だと思いますが、屋台は大混雑だけど何か食べたいを

解決してくれるので持っていて損はありません

安全ピン

浴衣の着崩れ防止やその他使い方は色々あります

袴元が崩れた時に使えるので着慣れていない子と行くときに役に立ちます

売り切れのチケットを入手したい時

どうしても有料席のチケットが手に入らなかったらネットオークションを使うという手もあります

レア価格から格安価格まで色々ありますがどうしても欲しい場合見てみると良いです

まとめ

楽しい夏の風物詩花火を楽しむうえで持っていくと役に立つものをまとめました

コメント

タイトルとURLをコピーしました