花火大会でiphoneを使って花火を綺麗に撮影する方法

花火大会

真夏の風物詩といえば花火ですが、花火大会で綺麗な夜の大輪を撮影したい。

一眼レフは高いしプロっぽいので嫌。

スマホで撮影したいという人向けの記事です。

花火撮影について

花火をカメラに収めるのは地味に難しいです。

夜なのに花火が明るいので露出オーバーになってしまうのが主な原因です。

普通にスマホで撮るとこんな感じの写真になってしまいます。

せめて下の写真みたいに撮りたいという人も多いと思います。

この写真を撮るために使った機材をまとめました。

この装備で撮影しています。

しかしこの装備を持たずにiPhoneで似たような写真が撮れると聞いたら心が躍りませんか。

ということでiPhoneを使ってこんな感じの撮影してみたい人必見です。

ナイトモード対応機種

iPhoneのカメラアプリにはナイトモードが搭載されています。

iPhoneのナイトモード対応モデルなら、夜を自動的に検知しきれいな写真を撮ってくれます。

ナイトモード対応の機種は下記の11機種です。

ナイトモードでの撮影

暗い場所ではカメラが自動的にナイトモードに切り替わります。

この機能の使用中にディスプレイの上部にあるナイトモードのアイコンが黄色くなります。

*手持ちだと撮影時間が減ってしまうので、三脚などで固定すると良いです。

足がふにゃふにゃ曲がるものは手すりなどに巻き付けて使うことができるので便利です。

一眼レフなどと兼用で使いたい人は少ししっかりしたもを利用しましょう。

足がふにゃふにゃだとカメラの重さで倒れてしまいます。

できるだけ安くしたいのなら100均で3脚を買うのも手です。

スマホが置けて固定できていれば良いのです。

手持ちにすると撮影時間が短くなってしまうので、美しい流し花火にはならないので注意が必要です。

ナイトモード非対応機種の場合

人気のiPhone SEシリーズはナイトモードがありません。

残念ながら一眼レフのカメラに頼るかナイトモードが使える機種に変更するしかありません。

非対応機種の場合は「タイムラプス」か「スロー」などで撮影するのが良いと思います。

タイムラプスなら手持ちでも一応撮影可能です。

まとめ

iPhoneで花火を撮影するにはナイトモードが必要。

撮影は三脚を使用することを強く推奨します。

ナイトモード非対応の機種はタイムラプスかスロー撮影がおすすめ。

それではよい花火ライフをお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました